みぃと言っても猫じゃない

アクセスカウンタ

zoom RSS みぃの昔のこと

<<   作成日時 : 2008/10/26 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昔といってもそんなに前ではありませんが、このブログを始めたのが今年の2月頃なので、その前の記録がありません。
忘れっぽい自分のためにも少し前を思い出して書いておきます。

一番下の娘が家を出てしまうとわかってから、ずっとわんこをほしがっていた夫でした。
昨年の3月に娘が引っ越してからは、さらにわんこ欲しい熱が高まっていったのですが、ペットショップをいろいろ回ったり、会社の人に相談したりしてもなかなか飼い始める決心がつきませんでした。
私があまり積極的じゃなかったせいもあるかもしれません。
なにしろ私はパセリも枯らすと言われるほど生き物の世話が苦手だからです。
(子供はちゃんと育てましたよ。枯らすことなく3人も!)

ホームセンターに行くと必ずペットコーナーをのぞいたり、ペットショップに行ったりしたけれどなかなかこの子を飼いたい!という気持ちにならなかったのです。

それはきっとこの子に巡り会うためだったのかもしれません。
娘のネット友達の方から10月23日に生まれたミニチュアダックスの女の仔を譲ってもいいというお話があったのです。
12月初旬のことでした。
どんな子か見たかったので、お願いして送っていただいた写真がこれです。

画像


夫は一目惚れしたようです。
あっという間にうちにむかえることが決まりました。

それからサークルやベッド、えさ入れなどとりあえず買いそろえ(ある意味お祭り騒ぎでした)、迎えに行くと決めた12月16日がとても待ち遠しかったです。
名前も「美咲」と決め、その後はペットショップに行っても「うちの美咲が一番可愛い」とでれでれでした。

12月16日、神奈川県厚木まで迎えに行きました。
途中、川口に住んでいる一番下の娘も拾い(一緒に迎えに行きたかったそうです)、約束の場所へ。
先について待っていてくださったTさんご一家と、ご挨拶もそこそこに、「美咲」を預かりました。
真っ先に抱き取ったのは一番下の娘です。
美咲はプーさんの柄のフリースケットに包まれていました。(いまでもお気に入りです)

育児メモやフードやミルクをいただき、ほんの短い立ち話で、お別れしたのですが、今思うときっと寂しかったでしょうね。

美咲のことを考え、帰りはひたすら高速道路で帰りました。
車に乗ってしばらくは震えていたので、ずっと抱っこしていました。
少ししたら落ち着いたようなので、折りたたみ式のケージに入れると眠ってしまいました。

途中サービスエリアや川口の娘の家に寄りましたが、あとはとにかく家を目指しまっしぐらです。
夕方、家へ帰り着き、一休みさせ、いただいてきたフードを食べさせました。
本に書いてあったように、初日なのであまりかまわず、そっとしておきました。

夜中少し泣きましたが、ほおって置いたら眠ってしまったようです。
次の朝、夫が起きると、後は鳴きっぱなし。
いつもならもう少し寝坊している私も起きだし、ミルクを作り、フードを食べさせました。
夜中にベッドでおしっこをしてしまったようでした。
この朝も震えていたので、しばらく抱っこしているとやがて落ち着きました。

心配でしたが夫も私も仕事だったため、美咲はお留守番です。
しかしお昼に夫が帰ってこられるので、とりあえずは何とかなるかな?という感じでした。

初日のお留守番も無事にクリアし、次の日からは自分のベッドでのお漏らしはありませんでした。

もう初日から「うちの子」になったと確信しました。

続きはまた後ほど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みぃの昔のこと みぃと言っても猫じゃない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる